赤ちゃんのようなもの

生まれたての赤ちゃんがウチにやってくる。こんなうれしいことはないでしょう。

生後間もない赤ちゃんがウチに来る。というのは赤ちゃんができた頃からわかっていること。
約10ヶ月間、準備する時間がある。だれでもこの期間に赤ちゃんを迎える準備をするわけであるが、何が必要なのか、これは買った方が良いのか、貰ったモノで良いのか、レンタルでいいのか、やっぱり国産かな。などなど。
考えることは多いけど、考えることが楽しくて会える日をとても楽しみしていた。

友達や人生の先輩などいろいろ聞いてまわったり、インターネットを調べ問題なく迎える準備を整えた。
子育て本なんかも読んで、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月・・・どんなことが起こるのか、何が必要か、事前に理解していたつもりでいた。

赤ちゃんを迎えてはじめて一緒に生活するようになり、食事、お風呂、就寝を経験したなかで、ビックリさせられることがたくさんあった。例えば、夜中に起こされたり、おむつの中が大変なことになっていたり、急な発熱で病院をさがしたりととても大変。(1人ではとても無理で奥さんに感謝することがたくさんあるよね。)

赤ちゃんを迎えることは新しいサービスの起ち上げに似ていると思った。

サービスの起ち上げのため、ーここでは弊社のサービスであるtracpathープロジェクト計画、ターゲット日、リソースなどのプロジェクト管理から始まって、サービスインの日を迎える。サービスインで終わりでは無く、その日から24時間365日の運用・保守、新しい機能追加が始まることになる。サービスインは新しいことの始まりと言える。

子供の成長と同じようにサービスも成長する。

「サービスの不具合を改善し、お客様の要望を実現する。」「サービスの質を向上させる」
成長に伴って、日々新しい問題が生まれ、それを解決していく。
このサイクルを何度も何度も繰り返すことによって、誰にも負けない強みや個性になっていくと思う。

サービス=開発を継続すること、常にサービスのレベルアップを計ること。

とても大変だけど、すごくやりがいを感じる。
やり直しの出来ないことだから、今を大切に前に進もうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です