2015年 今年のテーマ「やりきる」

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
旧年中に賜りましたご厚情に、厚く御礼申し上げます。

 2014年を振り返ってみると、エンタープライズにおけるクラウドの利用についてお客さまの考え方が「変わってきたな。」と感じる年でした。

これまでは、オープングルーヴが提供しているクラウド型バージョン管理サービス「tracpath」の導入時にクラウドである点を懸念されるお客さまの声が多くありました。
例えば、クラウド上に機密データを置くことの不安や(他社事例ですが)クラウドサービスを提供する会社のシステム障害によって起こったデータ喪失問題などです。

 お客さまのクラウドに対する考えが「変わってきたな」と思われることとして、クラウドという技術に対して飛躍的に知名度が上がったこと、お客さま自身による調査や事例が増えたことによる浸透があると思います。これにより、「クラウドのメリットとデメリット」「セキュリティの比較」「クラウドとオンプレミス」等のお話から、「どのような分野、場面でクラウド(tracpath)を利用すると良いか」
 具体的には、「海外とのセキュアなコード共有」「安定したソースコードのバージョン管理サービスによる開発品質向上」「継続的インテグレーションによるコード品質向上」という積極的活用の流れが出来た年だったと思います。

 ところで、2014年のテーマとした「勝負する」私自身、満足のいく結果ではありませんでした。やりたいことの半分も出来ていなかったし、振り返ってみると中途半端だったと思えることもたくさんありました。
だけど、評価すべきことと今後の成長につながる可能性を発見したことは今後の事業展開に大きな一歩となります。

事業の中心である人、チームが「仕事を作り出し、問題を解決し、成長する。」このサイクルを続ける仕組みができ、顧客に対するレベルの高いサービス提供が維持できていること。さらに新たな顧客価値を提供できる事業が見つかったことも大きな前進でした。

2015年のテーマ「やりきる」

 2015年のテーマを決めました。それは「やりきる」です。
新しい事業や施策を「決断」し「すばやく実行」することのスピードを大切にしていますが、計画通りに行かなかったり、緊急の仕事があったり、思い通りに行かないことが多々あります。できるだけ多くの挑戦と小さな失敗を発見・改善してくことで1つでも高い目標を目指します。だからこそ、やりきる(終わらせる)ことを大切にします。

今年も一歩一歩確実に成長し、サービスのレベルをあげ、お客さまの課題解決に全力を尽くします。さらに私達は「知恵と技術を結集し、ソフトウェアの開発現場を進化させる」ことに挑戦していきます。私たちのビジョンが実現できるように社員一同、事業に邁進します。

今年も一年、どうぞよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です