酉の市

今年も「酉の市」の季節がもうすぐくる。
4年くらい前に知り合いに誘われ初めて行ったと思う。それから毎年11月になると酉の市に会社のメンバーと共に行く。

酉の市とは

酉の市は、11月の酉の日(十二支)を祭日として、浅草の酉の寺(鷲在山長國寺)や各地の鷲神社、大鳥神社で行われる、開運招福・商売繁盛を願う祭りで、江戸時代から続く代表的な年中行事です。
江戸時代には「春を待つ 事のはじめや 酉の市」と芭蕉の弟子其角が詠んだように、正月を迎える最初の祭りとされていました。

酉の市は11月の最初の酉の日を「一の酉」、酉の日の祭日が12日おきに巡り、11月に2回の年と3回の年があり、「二の酉」「三の酉」まである。

2013103001201310300220131030032013103004

写真は去年の酉の市の風景。

酉の市にいったとき、毎年購入しているのが開運招福のお守りとして、たわわに実る稲穂付きの「かっこめ熊手」。
日比谷線の三ノ輪駅から国際通りを通って長国寺近くまで移動するんだけど、あきらめて帰ろうかなと毎回思うくらいの人の多さである。歩道も人混みでちょっとしか進まない。一時間近く人混みのゆっくりした歩みでやっと到着する。

お祭りでは人の多さにびっくりし、かっこめ熊手の店の数と種類にもビックリする。
熊手店では威勢のいいかけ声が聞こえてくる。熊手が売れると「三・三・四」拍子の手締めが始まる。

今年ももうすぐ11月になる。もう年の瀬。今年の酉の市は11月3日、15日、27日。
会社で恒例行事(自分だけ)となった酉の市に今年もお参りに行って商売繁盛をお願いしてこよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です